ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発された成分です。
1960年に、現在のファイザー社であるアップジョン社が創製しました。

1980年に、ミノキシジル外用薬として、「ロゲイン」が発売されました。

現在は、発毛・育毛剤として有名な成分ではありますが、これは血管拡張剤として使われていたときに発見された副作用でした。

有効成分ミノキシジルには血管拡張作用があります。
この作用により、血流を良くし、髪の毛へ栄養をスムーズに届き、育毛・発毛を促進します。

また、ミノキシジルはAGA治療薬ではありますが、女性の薄毛にも効果を発揮してくれるのが特徴です。

内服ミノキシジル

ロニタブ

特に内服ミノキシジルは、プロペシアなどのフィナステリド成分でも効果を発揮しにくいと言われる生え際に効果を発揮してくれます。

内服ミノキシジルは体内を循環するために、狭い毛穴などの外用薬が浸透しにくい部分の毛根発毛細胞を刺激することができます。
中でも前頭部の生え際には高い効果が望めるとされています。

生え際はAGA発症をした際の毛髪退化が現れやすく、毛穴の収縮が急激に起こってしまいやすいポイントです。
そのため、プロペシアなどのフィナステリド成分の場合なかなか効果を実感しづらいものです。

生え際の薄毛や脱毛が気になる場合、内服ミノキシジルがおすすめです。

内服ミノキシジルジェネリック ロニタブ

塗布タイプのミノキシジル

ロゲイン

塗布タイプのミノキシジルには、日本でも有名な「リアップ」や、「ロゲイン」などがあります。 また、個人輸入サイトなどではロゲインのジェネリック医薬品である「ツゲイン」も人気があります。

塗布タイプのミノキシジルの場合、統計的にミノキシジル外用薬単体では爆発的な効果が得にくいとされています。
しかし全く効果がみられないということではなく、一定の効果が得られることは確かです。
よって、ミノキシジル外用薬、塗布タイプのミノキシジル薬は、ミノキシジル内服薬や、プロペシアとともに使用し、サポート的に使うのが望ましいとされています。

塗布タイプミノキシジルジェネリック ツゲイン

このページの先頭へ