ロニタブ(lonitab)5mg/10mg

ロニタブ

製造メーカー:Intas Pharma
       (インタスファーマ)

原産国:インド

成分:Minoxidil(ミノキシジル)

内容量:1箱10錠 (5mg/10mg)

ロニタブは、インタスファーマ社がつくるAGA治療薬「ミノタブ」のジェネリック医薬品です。
ミノキシジル成分の経口医薬品です。

ミノキシジルが、血管を拡張し、頭皮の血流が良くなることによって、毛髪へ栄養を送りやすくします。
この血管拡張作用により、ロニタブは発毛育毛効果を発揮してくれます。
経口タイプのミノキシジルであるため、塗布タイプの外用薬ミノキシジルよりも発毛・育毛効果が高いとされています。

また、ミノキシジル外用薬や、プロペシアをはじめとするフィナステリド成分錠と違い、AGA治療薬が効果を発揮しにくい生え際にも使えるのが特徴です。

ロニタブの服用方法

ロニタブは、1日1錠を、水かぬるま湯で服用します。
基本的に成人の発毛・育毛に際しては1日2.5mg~5mgとしています。
5mgと10mgがありますが、はじめは5mgからの服用をおすすめします。5mgで効果が薄いと感じたら、10mgに切り替えましょう。

配合率が高くなればその分効果は出やすくなりますが、その分副作用が大きく出てしまう場合があるため、体調体質をみながら調節してください。

高齢者の場合、服用は2.5mgから始めるのが好ましいとされています。

ロニタブの副作用・注意点

ロニタブの副作用として、浮腫や体重増加、動悸や多毛症などが報告されています。
多くの副作用は概ね軽微ですが、症状が続く際には医師や医療関係者の支持を仰ぎましょう。
また、18歳以下の使用も安全が確立されていないため、禁止されています。

降圧剤を含めた他の医薬品を処方されている人も、服用に際しては医師の支持に従いましょう。

ロニタブには血管拡張作用があるため、血圧を下げる副作用があります。
健康な人が服用すると低血圧になることがあります。

その他、狭心症や反射性頻脈などを併発させる可能性もあるので、可能であれば交感神経抑制剤も一緒に服用しましょう。 特に心筋梗塞の経験がある人は、心臓付近の血管も拡張して血圧が変化することで再発してしまう恐れもあるので注意が必要です。

AGA治療を始める際にロニタブを始めとする、プロペシア・ミノキシジルの内服薬を利用する場合は、必ず専門医に相談してから用いるようにしてください。

また、脳梗塞などの脳の病気や心臓・血圧・網膜に問題のある方の使用は推薦されていません。
ロニタブの服用方法、注意点や副作用について、詳しくは「ミノキシジルの服用方法・副作用」のページを参照ください。
ロニタブはミノキシジルを配合したジェネリック医薬品であるため、注意点や副作用が同じです。

このページの先頭へ