AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性に起こる、髪の毛が薄くなる状態のことで、額の生え際や、頭頂部のどちらか、もしくは双方から薄くなっていく症状のことです。

一般的には遺伝や、男性ホルモンの影響が主な原因とされています。

AGAの原因

AGAの原因

髪の毛には「硬毛」と、「軟毛」という2種類があります。
まずはえてくる髪の毛というのは軟毛です。軟毛が成長することにより、太く長く、ハリやコシのある硬毛へと成長します。 髪の毛は2~6年ほど成長を続け、自然に抜けちて行きます。
この流れを「ヘアサイクル」と呼びます。

AGA症状の場合このヘアサイクルが短くなり、髪の毛の成長期を短くしてしまうことによって、抜け毛や薄毛の原因を作ってしまいます。

AGAの脱毛部分にはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる成分が高濃度にみられます。 このDHT(ジヒドロテストステロン)成分が、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう原因物質であるとされています。 DHTによりヘアサイクルを短くされた毛髪は、充分に育たなかったり、細く短い髪の毛のままになってしまい、薄毛が目立つようになってしまうのです。

AGAには早期治療が大切!

AGA症状は、放っておくとどんどん進行していきます。 AGA症状が進行していくと、毛根も死んでしまうため、また髪の毛をつくる力がなくなってしまいます。

しかしAGAの初期症状では普通、薄毛になっていても、うぶ毛は残っている場合がほとんどです。 このうぶ毛の状態であれば、毛根はまだ生きているため、治療を行い、また正常なヘアサイクルを取り戻すことができます。

つまり、AGA症状で大切なのは早期治療です。

また、進行してしまっているから、と諦めてはいけません。 まだ毛根が生きている限りは、ヘアサイクルを正常に戻すことができます。
気になりだしたらすぐに治療を始めましょう。

AGA症状はお薬で治す

フィンペシア

AGA症状に対しての治療法は、現在投薬治療のみとなっています。 これは、医療機関でも使われている治療方法です。

現在AGA治療薬としてもっとも有名なお薬が「プロペシア(フィナステリド)」と、「ミノキシジル」です。

これらふたつの薬剤には それぞれ特徴があり、一長一短あります。 体調や体質、また生活環境によって使い分けましょう。

AGA症状が気になりだしたら、AGA治療薬で治療を始めてみませんか?

このページの先頭へ